持続可能なコーヒーの調達に向けた新たな取り組みを開始

持続可能なコーヒーとは

サステナブル?コーヒー?プロジェクトの実施

「持続可能なコーヒー生産の定著」、「生産地のコミュニティ支援」、「農業技術に 関する支援」、「変動の激しいコーヒー相場への対応」をテーマに、現地の生産者の 事情を考慮してプロジェクトを実施します。
 

【ベトナムでのプロジェクト概要】

?國際NGO公益財団法人 國際開発救援財団(Foundation for International Development/Relief、略稱FIDR)や現地の教育機関であるタイバック大學(Tay Bac University)の皆さまと連攜して取り組みます。

?コーヒー農家の大半を占める少數民族タイ族の文化的背景を考慮しながら、地域の関係者と連攜し、4C認証に必要なコーヒー栽培技術の伝授や、効率的かつ持続可能な営農指導などの農業技術の指導を行います。

 

本プロジェクトに基づき調達した商品について

?ミニストップ、イオンリテールでのカウンターコーヒー取り扱い全店で販売している他、グループのGMS、スーパーマーケットにも、順次展開して參ります。

國際フェアトレード認証商品

第三者認証取得(コーヒー)商品の展開

イオンは、トップバリュおよびトップバリュグリーンアイで、國際フェアトレード認証の取り扱いを拡大しています。フェアトレードラベルジャパンと共に、フェアトレード月間等を活用した普及活動を実施、國際フェアトレード認証ラベル普及に貢獻します。

また、ミニストップでは2011年から発売を開始し、高速道路店舗21店で販売する國際フェアトレード認証のオリジナルのホットコーヒーを扱うほか、こだわりのコーヒー豆と世界の食品専門店、カフェランテでは、持続可能性の3つの柱(社會?経済?環境)の強化につながる手法を用いて生産されたものであることを意味する、レインフォレスト?アライアンス認証の商品を多數展開しています。

國際フェアトレード認証

國際フェアトレード認証