イオン プラスチック利用方針

イオンは、脫炭素型?資源循環型社會の実現に向けて、使い捨てプラスチックの使用量を2030年までに半減する目標を掲げて取り組みます。

イオン プラスチック利用方針

イオンは、脫炭素社會の実現に向けて、持続可能なプラスチック利用に取り組みます。店舗?商品?サービスを通じて、全てのステークホルダーの皆さまとともに、脫炭素型かつ資源循環型の新たなライフスタイルの定著を進めて參ります。

  1. 事業活動における資源の無駄使いや使い捨て型の利用を見直し、使い捨てプラスチックゼロを目指します。
  2. 必要なプラスチックは化石由來から環境?社會へ配慮した素材へ転換します。
  3. 店舗を拠點に使用済プラスチックの回収?再利用?再生する資源循環モデルを構築し、お客さまとともに持続可能な資源利用に取り組みます。

<目標>2050年 CO2排出量ゼロの持続可能なプラスチック利用を目指し、

  • 2030年までに、使い捨てプラスチック使用量を2018年比で半減します。
  • 2030年までに、全てのPB商品で環境?社會に配慮した素材を使用します。
  • 2030年までに、PB商品のPETボトルを100%再生又は植物由來素材へ転換します。

2020年9月策定

トピックス

「ボトル to ボトル プロジェクト」始動

イオンの店舗でお客さまから回収するペットボトルを、クローズドリサイクルで再商品化して資源循環體制の構築を目指す「ボトル to ボトルプロジェクト」を開始します。
イオンの店舗でお客さまから回収するペットボトルを、クローズドリサイクルで再商品化して資源循環體制の構築を目指す「ボトル to ボトルプロジェクト」を開始します。

トップバリュのラベルレス飲料 全國展開開始

天然水500mlや茶飲料タイプなど新たに4品目をラベルレス化。すでに一部エリアで発売済みの天然水2,000mlに加え、計5品目にて全國展開を開始します。(いずれもケース販売)
天然水500mlや茶飲料タイプなど新たに4品目をラベルレス化。すでに一部エリアで発売済みの天然水2,000mlに加え、計5品目にて全國展開を開始します。(いずれもケース販売)

再生プラスチック使用掛ふとんを新発売

環境?社會に配慮した素材、リサイクル原料を含む「「再生プラスチック使用 洗える掛けふとん」を発売します。
環境?社會に配慮した素材、リサイクル原料を含む「再生プラスチック使用 洗える掛けふとん」を発売します。

環境配慮型商品

トップバリュの商品?容器包裝を環境?社會に配慮した原料に変えていきます。

サイクル素材使用

包裝紙の一部に紙使用

長巻化で省資源

レジ袋の削減

お客さまとともに「買物袋持參運動」の取組を継続しています。
レジ袋が必要なお客さまにはバイオマスを配合するなど環境に配慮した素材のレジ袋を販売しています。

店頭での資源回収

貴重な資源を捨てずに再資源化するために、イオンの店頭では紙パック、食品トレー、アルミ缶、ペットボトル等の回収に取り組んでいます。