活動レポート(北海道?東北)

日本全國で約450のチアーズクラブが活動しています。

帯広イオンチアーズクラブ

絶滅危懼種と外來種を學ぼう「ナキウサギ」と「ザリガニ」

【小學6年】 女子

「エゾナキウサギ」を実際に見ることができなかったのは殘念でしたが、準絶滅危懼種だと聞き、守ってあげたいと思いました。

【中學2年】 女子

4つのカゴの中に200匹以上も入っていた外來種の「ウチダザリガニ」の繁殖力の強さにはびっくりしました。人間がもっと自然を守るためには何をしなくてはいけないのか、日本固有の生き物の保護を私達がどのように手助けすれば良いのかなど、今後も考えていきたいと思います。

【小學6年】 女子

今後の活動で、自然保護のために人間が出來る事、しなければいけない事などを知る事が出來ました。私も出來ることから実行していきます。

コーディネーターよりひとこと

2016年度のテーマ「動物」について1年間、山や湖?動物園などへメンバーと出かけ、楽しく學ぶことができました。
準絶滅危懼種「エゾナキウサギ」は、ネズミほどの大きさしかなく、ジオパークにて寫真を見ましたが、とても可愛い目をしています。性格は臆病なため、日中より夜や早朝に見られることが多いとのことで、是非見たかったのですが姿を見ることが出來ず殘念でした?;顒又肖违幞螗些`が目を輝かせて活動する姿を見て、今後もメンバーが興味を持ちそうな活動をしっかり考え計畫し、私たちコーディネーターも一緒に學びながら、メンバーの知識の向上を図れる活動を企畫したいと思います。
帯広イオン チアーズクラブは現在40名で活動していますので、安全第一で、明るく?楽しく活動していきます。

イオン帯広
チアーズクラブ
コーディネーター
木本 有美

小樽イオンチアーズクラブ

生物と自然 ~生き物の命を食べる~

【小學6年】 女子

3年生の頃からエコに興味を持って參加してます。將來、私たちが大人になったとき、今の活動が大切なんだって思えると信じて!

【小學6年】 男子

チアーズで勉強したけど、まだまだ知らないことが沢山ある。僕は出來る限りチアーズに參加して社會貢獻活動を頑張って行きます。

【小學3年】 女子

エコというのは環境にやさしいことをすることです。私は最初エコのことは分かりませんでした。今では活動を楽しみにして、學んでいます。

コーディネーターよりひとこと

小樽イオンチアーズクラブは2008年から始まりましたが、本格的に始動したのは2009年からです。2009年は年間テーマが「植物」で、メンバーの意見をもとに活動計畫を立て、どうしたら楽しく活動できて、何を課題にしたら活動のテーマに活きてくるのか、毎回頭を悩ませましたが、今ではそれも楽しみの一つです。今年の発表會(チアーズサミット)の練習では、子供の成長を目の當たりに出來、この上ない喜びと感動をもらいました。私自身、メンバーと共に成長させていただいています。
今年は、2010年の年間テーマ「動物」に基づいて、「自然と動物」「人と動物」の2つのテーマで活動しています。登録メンバーも今年40人を超えることが出來ました?,F在メンバーは、最上小學校を中心に、桜小學校、入船小學校、望洋臺小學校、奧沢小學校と小樽市內で5校、市外で1校の小學生で構成されています。地域社會に貢獻できるクラブに成長することを願い、これからも日々精進していきます。

小樽店
佐々木主任

一関イオンチアーズクラブ

イオンアグリ創造(株)の巖手花巻農場での収穫體験

男子

アグリ農場で色々な野菜を収穫するのがとても楽しかったです。白菜は切るのが難しかったけど、しっかり収穫することができました。小松菜は切りやすくとても楽しかったです。採れたての野菜を生で食べると、みずみずしくてあまりにもおいしかったのでびっくりしました。このようにとても楽しいのでぜひチアーズクラブに入ってみてください。

男子

アグリ農場で野菜を収穫して持ち帰ってきたものはとても新鮮で水分がたっぷりでした。食べてみたら新鮮で柔らかくとてもおいしかったです。

女子

アグリ農場にて他店のチアーズメンバーの人と活動をしました。とても緊張しました。雨が降っていてその中での白菜を収穫しました。大変だったけど、アグリ農場の人達はこんなことをしているのだと実感しました。これからもいろんなことに取り組みたいです。

コーディネーターよりひとこと

一関イオン チアーズクラブは2012年に誕生し、今年で5年目です。
2016年は「動物」のテーマに沿って活動しました。
動物ってなんだろう?動物と人間の関わりは?動物と自然との関わりは?
わたしたちはそんなテーマを考えて一年間學んできました。
毎年、自分たちの住んでいる一関を知ることができ、地域に密著しながらテーマに沿った関わりの部分を見つけて活動しています。
最初のメンバーも今年中學1年生となり、どんどん大きくなり、いつの間にか身長も追い越されてしまいました。
活動で集まるととても賑やかで、仲が良く、楽しく活動をするメンバーです。
このチアーズ活動の中で、いろいろな體験をしてもらいたいと思います。
収穫體験、植樹活動、地域とのふれあい、野外活動、実験、學校では経験できないことを體験し、成長してもらいたいと思います。これからも楽しい活動をメンバーと共に続けていきます。

イオン一関
チアーズクラブ
コーディネーター
鈴木 位登子

秋田イオンチアーズクラブ

松枯れの犯人を捜せ!

【小學5年】 女子

マツノマダラカミキリの幼蟲は思ったよりも大きかった。半分真っ白だった、半分透明だった。感觸はぷよぷよしていた。

【小學4年】 男子

マツノマダラカミキリの幼蟲も良かったけど、ハツカネズミをつかんで見せてくれたのがよかった。初めて本物のネズミをみた。

【小學3年】 男子

炭焼きには色々な仕事があった。松枯れの木を窯に入れるときには、みんなで並んで手渡しした。窯の入口を塞ぐ粘土コネがおもしろかった。炭はいろいろな知恵や工夫をしながら焼いていることが分かった。

コーディネーターよりひとこと

県大の炭焼き広場には、松枯れ木がいっぱいです。その松枯れ木を炭にして、「カミキリ」と「ザイセンチュウ」の拡大を防止し、環境保全や、私たちの生活に役立つことに繋げています。
私もカミキリは見たことがあるのですが、幼蟲は初めてでした。先生が、カミキリの侵入口を見定めて、見つけたときは「研究者」のすごさを知りました。そしてメンバーも真剣に興味を持って見て、幼蟲を觸っていたのが印象的でした。
私たちの活動は多くの人たちに支えられていることをメンバー達が感じ取り、感謝できるようになってほしいと思います。

チアーズクラブ
サポーター
小山 澄子

卒業旅行になりました?!!

【小學2年】 男子

はじめに、ゆきあそびをしました。スノーボートですべりました。スピードがでて、おもしろかったです。
そのあと「かんじき」をはいてゆきの山を歩くのがむずかしかったけど、たのしかったです。

【小學5年】 男子

「がろうの滝」を見るのは2回目です。夜、ライトアップされている「がろうの滝」を見ました。木の上から見ました。下から見るよりもとてもよく見えました。

【小學6年】 女子

夜、テレビを見て休んでいるといきなり「ドドドドドーン」というものすごい音が鳴りました。その時ものすごい地震がおきたんじゃないかとびっくりしました?!袱ⅳ铯袱丹蟆工寺劋任莞窝─沥恳簸坤趣いΔ长趣证辘蓼筏?。寢るまでこうふんしてすぐに寢つけませんでした。

コーディネーターよりひとこと

コーディネーター兼サポーターの小山澄子です。
昨年ラオスの開校式ツアーに參加し、「日本の遊び」を擔當しました。國際デビュー??でした。
エコクラブは「仲良く、楽しく、怪我をしないように」気を配っています。
第1期生は4月より看護師になりました。
今年はまた可愛い子どもたち7人が加わり、にぎやかに活動しています。

コーディネーター
兼サポーター
小山 澄子

いわきイオンチアーズクラブ

地元の食材を探してお料理教室

【小學6年】 女子

料理はいつも家でやっているので、今日は低學年のメンバーに野菜の切り方や、お米の研ぎ方を教える係になりました。いわきの野菜がまだまだ少ないので、早く全部の材料がいわき産で作られるようになればいいなと思います。

【小學4年】 男子

コンニャクが鍋から跳んできたり、ガスの勢いが強くなったり、みんなで大騒ぎして作りました。クイズは全問正解でほめられました。いわきは豆腐やみそ、しょうゆも作っていてとてもおいしいです。

【小學6年】 男子

魚介類は外國産のものが多く、今日のカニもマレーシア産でした。海はつながっています。地球に一つしかありません。海の環境を守ることは、ぼくたちの毎日の食事を守ることです。海も空気も汚してはいけないと思いました。

コーディネーターよりひとこと

いわきイオンチアーズクラブの特徴は、地域の皆さまとともに活動することを第一としています。畑作りや野菜の収穫、星の観察に絵手紙教室等、地元企業の皆さまと地域の産業について學んだり、夏祭りや開會式をはじめとする様々な行政のイベントに參加させていただき、ふるさと「いわき」を紹介する活動も大切にしています。
メンバーは、幅広い年齢層のボランティアの方たちと接することで、挨拶やコミュニケーションスキルも身につけることが出來ます。ここ數年は、福島高専の先生や生徒の皆さまによる実験教室で、第一線の科學と環境について學ぶ機會を得て、メンバーの視野がどんどん広がっています。
チアーズで學んだことを、未來のふるさとに恩返しできる大人になってほしいと願いながら、ワイワイ楽しく活動しています。

イオンいわき
チアーズクラブ
コーディネーター
土肥 正美